三宮駅西口・阪急三宮駅東口を神戸市役所側に出た歩道橋の下に設置して いる「募金塔」、通りがかりの多くの人のご協力を得ています.この募金塔は、1970年に神戸生田ライオンズクラブ様からのご寄贈により設置されたものです。
f0185379_11401050.jpg
募金塔には「光と希望をーLIGHT and HOPE for disabled children」という言葉が書かれています。
f0185379_11412226.jpg
以来、50年近く絶えることなく重度肢体不自由の人々を支援するための大きな力となっています。また、この募金塔の前で、例年神戸生田ライオンズクラブの皆様がボーイスカウトさんのご協力を得て募金活動を行ってくださっています。今年は7月7日の予定でしたが、大雨のため残念ながら延期になってしまいました。
50年近く風雨に耐え、頑張ってくれた募金塔も字が消えかかったり、扉のサビなどが目立つようになってきました。そこで、神戸生田ライオンズクラブ幹事の長谷川秀一様が、募金塔の内部も含めて状態を確認してくださることになりました。
猛暑の18日の事です。待ち合わせの時間に行ってみると、補修準備もされて来られていました。そして暑い中で取り敢えずの応急処置をしてくださいました。
f0185379_12405121.jpg

約1時間の作業、本当にご苦労様でした。
f0185379_13311136.jpg
次回には本格的にサビを削り、もう一度ペンキを塗りなおすとのお話でした。
みなさん、三宮に行かれた折には、少しお化粧直しした募金塔を見てくださいね。募金もしていただければ嬉しいですね。
長谷川秀一様、ありがとうございました。

[PR]
by hyoshikyo | 2018-07-25 13:01 | 事務局便り

兵庫県ゆかりの歌

兵庫県の歌「ふるさと兵庫」以外にも、たくさん兵庫ゆかりの歌があります。それらをシリーズでご紹介しています。シリーズ「兵庫県ゆかりの歌」は<神戸・兵庫郷土史WEB研究館 http://kdskenkyu.saloon.jp/index-kds.htm>というHPの紹介文から抜粋・引用させていただいております。懐かしの歌・童謡・唱歌ゆかりの地(兵庫県内)(郷土史にかかる談話 39)からの引用です。
シリーズ第27回は「美し都、がんばろや、We love KOBE」です。阪神・淡路大震災が起り、「三都物語」に代わって、神戸など被災地の復興チャリティソングとして売り出された。バックコーラスに有名歌手たちも参加。神戸復興「がんばろや We love KOBE」のキャンペーンソング。「美(うま)し都で、また逢いましょう・・・」

[PR]
by hyoshikyo | 2018-07-18 09:19 | 事務局便り

こんにちは、「ラルフ」のパパです。f0185379_12471121.jpg
先日の大雨の影響で、当協会の7日に予定されていた「療育・更生相談」(兵庫県福祉センター)、8日に予定されていた「楽に生活できる姿勢・動作を学ぶ会」が中止もしくは延期という事になってしまいました。どちらも参加希望者が多かったのに残念でした。
なかなか難しいですが、可能であれば日程調整をして、振替の日を考えたいと思っています。

大雨の後は、いきなり猛暑が続いています。みなさん、体調を崩されていませんか?
私の同期のウォーキングの会が16日にありました。先月と同じく、9月の計画の打合せ(懇親会)と兼ねてのウォーキングでした。計画した時にはこんな猛暑になるとは思っていませんでしたが、いざ実施となると9名のうち5名がウォーキングということになりました。中には家族からこんな熱い中を歩くと倒れてしまうよ!という声を聞きながら参加した方もいました。
16日の神戸市の最高気温は36.2度でした。地下鉄「学園都市」駅に15:00集合。懇親会の開始時間に合わせての時間です。暑いです!!
まずは、神戸市外国語大学の南側の高塚山(標高185.9m)を登ります。この山は手軽に登れるので何回も歩いているのですが、来る度に整備されている感じですね。
f0185379_14130701.jpg
頂上からの眺めです。総合運動公園方面です。

f0185379_14145333.jpg

頂上には神社があります。
f0185379_14173625.jpg

猛暑の中を歩いたもの好きなメンバーです。当協会の行事にボランティアとして参加していただいている方も。
f0185379_14192614.jpg

天気が良いので眺めは抜群でした。小塚山周辺は今では家がぎっしりですね。
f0185379_14255228.jpg


高塚山の上り下りはゆっくりでも約40分ですね。しかし、そこからが大変でした。会場がJR垂水駅近辺でしたので、そこまでひたすらアスファルト舗装の道を歩いたのでした。
熱射病になるのではと心配しながらのウォーキングでした。
体中の水分が抜けたのでは思うぐらい全身汗まみれになりました。懇親会で抜けた水分を補う形で十分にアルコールを補給しました。倒れなくて良かったと一安心したウォーキングでした。(こんな日に歩くのは無謀だという声もありましたが)

[PR]
by hyoshikyo | 2018-07-17 14:38 | 「ラルフ」のパパです。