カテゴリ:事務局便り( 74 )

事務局便り

2011年3月の東日本大地震、2016年4月の熊本地震、2018年4月の島根県西部地震、同年6月の大阪府北部地震・・・と、頻繁に大地震が発生するようになりました。「日本は、6回目の地震活動期に入った可能性が高く、南海トラフ地震が起きる可能性も高い」と盛んに言われるようになりました。
また、最近は毎年のように全国各地で集中豪雨被害が出るようにもなりました。そしてこの度(2018年7月)は台風7号と梅雨前線の活動により大雨特別警報が全国の至る所に発令され、多くの犠牲者が出てしまいました。正に「数十年に一度の、これまで経験したことのない異常事態」でした。
全国各地で地震・集中豪雨による被害から懸命の復旧・復興への取り組みがされていますが、それぞれの地で早く平穏な日々が訪れてくれることを祈るばかりです。


ありがとう072.gif

当協会ではインターネット上でクリック募金を展開しています。ご協力いただいている皆様方、心からお礼申し上げます。(クリック募金は協賛企業の方々のご支援をいただいています。クリックは無料)

クリック募金は現在11件の企業様や病院や団体様に応援していただいております。
最近ではアクセス件数が
毎月40,000件以上
あり、
ご協力いただいている皆さまのおかげだと感謝しています。
私たちも皆さまのご協力を励みに充実した支援事業ができるように頑張っていきます。
これからもよろしくお願いします。

クリック募金は手足の不自由な方々や子どもたちの自立を支援しています。

兵庫県肢体不自由児者協会クリック募金
f0185379_9382748.jpg

皆様に素敵な曲をお届けします。
「兵庫県の歌 ふるさと兵庫  作詞作曲 紙ふうせん」
 


[PR]
by hyoshikyo | 2019-04-02 23:59 | 事務局便り

兵庫県ゆかりの歌

兵庫県の歌「ふるさと兵庫」以外にも、たくさん兵庫ゆかりの歌があります。それらをシリーズでご紹介しています。シリーズ「兵庫県ゆかりの歌」は<神戸・兵庫郷土史WEB研究館 http://kdskenkyu.saloon.jp/index-kds.htm>というHPの紹介文から抜粋・引用させていただいております。懐かしの歌・童謡・唱歌ゆかりの地(兵庫県内)(郷土史にかかる談話 39)からの引用です。この研究館では兵庫に関わる様々な研究をしておられ、文化・歴史をはじめ驚くほど多方面のことを網羅するように各ページで紹介しておられます。みなさんも是非神戸・兵庫郷土史WEB研究館のページを覗いてみて下さいね。
日頃よりご愛読いただきありがとうございます。しかしこのシリーズは残すところあと1回になってしまいました。また、新しいシリーズに挑んでいこうと思っておりますので、ご期待下さい。
シリーズ28回目は「鳴門海峡」です。潮が渦巻き、激しい風と雨の鳴門海峡にたたずみ、逝ってしまった恋人を想う、主人公の心の内を現した情景はすさまじい。「髪が乱れる 裳裾が濡れる・・・鳴門海峡 船がゆく」。南あわじ市福良、鳴門海峡を望む大橋のたもとにある道の駅「うずしお」に歌碑が最近建てられている。

[PR]
by hyoshikyo | 2019-03-31 09:42 | 事務局便り

平成30年9月15日に、今年度第2回の療育・更生相談会が行われました。
第1回は兵庫県福祉センターで実施の予定で、11組も申し込みがあったのですが、残念ながら西日本を襲った豪雨の為、中止になってしまいました。
会場は初めて使用させていただきましたが、アスピア明石です。明石駅からも近く、廊下も広くバリアフリーの会場でした。
f0185379_13554614.jpg相談者は9組でした。(当初10組でしたが、1組都合が悪くなられ不参加となりました)全く初めての方が6組でした。ほぼ毎年参加してくださる方も1組ありました。毎年、心身全般について状態の把握に利用してくださるのもうれしいですね。青年グループの方がゼロというのは、少し複雑な気持ちですが・・・。相談員の先生方は、医療相談で司馬良一先生、鄭正秀先生、白瀧貞昭先生、一般相談で澁川壽彦先生、リハビリ相談で公文敦先生 療育相談で梶正義先生の計6名の先生方でした。

f0185379_14055984.jpg

医療相談(整形外科)の司馬良一先生。
f0185379_14084561.jpg

医療相談(神経科)の白瀧貞昭先生。
f0185379_14115914.jpg

4名の先生と進路の相談です。
f0185379_14142909.jpg

一般相談の澁川壽彦先生、医療相談(内科)の鄭正秀先生、リハビリ相談の公文敦先生。
f0185379_14170451.jpg

療育相談の梶正義先生。
f0185379_14220957.jpg

※撮影したカメラの画素数の関係で写真の大きさが変わってしまい、ごめんなさい。
今回の特徴は、保護者あるいは担任の先生だけでの相談が多かったですね。相談内容も在学中の方が多く、将来の自立に向けてというだけでなく、教育内容、指導方法等具体的内容の相談もたくさん出ました。中には、熱が入って、時間がオーバーしてしまう方もありました。
一人の相談員の先生に相談する時間が30分というのは具体的内容になればなるほど時間が足りないかもしれませんね。
今年は1回の開催で終了となってしまいました。来年度は2回開催(土曜日)の予定です。また、来年相談に来てくださいね。

[PR]
by hyoshikyo | 2018-09-21 14:52 | 事務局便り

8月29日に円応教円応青年会の赤銅青年会会長様、松下事務局長様が当協会にご寄託にお越し下さいました。
日程が合いませんでした鄭理事長に代わりまして長谷事務局長が受け取らせていただきました。
蒸し暑い一日でしたが当協会にお越しになられたお二人は、いつもの穏やかな笑顔で真摯に当協会の事業のお話をいろいろと聞いてくださいました。
円応教様も今年の7月に立教百年祭を迎えられたそうです。おめでとうございます。
ご縁があり円応青年会様にご支援いただいておりますこと、心より感謝申しあげます。
今後とも変わらぬご支援の程、お願い申し上げます。


f0185379_18183661.jpg

 赤銅青年会会長様より長谷事務局長が受け取らせていただきました

f0185379_18191791.jpg

          協会から感謝状をお贈りいたしました
[PR]
by hyoshikyo | 2018-08-31 18:29 | 事務局便り

 7月31日、兵庫県遊技業協同組合様より、本協会のイベント「夏の交流会」開催のご支援をいただきました。ありがとうございました。
 
f0185379_12313353.jpg
 兵庫県遊技業協同組合様からは、第1回の平成24年8月からご支援いただいています。
 また、賛助会員としてもご協力いただいています。
 本協会青年グループの交流、学生の皆さんとの交流が充実したものになるよう頑張っていきたいと思っています。
 これからも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

[PR]
by hyoshikyo | 2018-08-08 12:36 | 事務局便り

三宮駅西口・阪急三宮駅東口を神戸市役所側に出た歩道橋の下に設置して いる「募金塔」、通りがかりの多くの人のご協力を得ています.この募金塔は、1970年に神戸生田ライオンズクラブ様からのご寄贈により設置されたものです。
f0185379_11401050.jpg
募金塔には「光と希望をーLIGHT and HOPE for disabled children」という言葉が書かれています。
f0185379_11412226.jpg
以来、50年近く絶えることなく重度肢体不自由の人々を支援するための大きな力となっています。また、この募金塔の前で、例年神戸生田ライオンズクラブの皆様がボーイスカウトさんのご協力を得て募金活動を行ってくださっています。今年は7月7日の予定でしたが、大雨のため残念ながら延期になってしまいました。
50年近く風雨に耐え、頑張ってくれた募金塔も字が消えかかったり、扉のサビなどが目立つようになってきました。そこで、神戸生田ライオンズクラブ幹事の長谷川秀一様が、募金塔の内部も含めて状態を確認してくださることになりました。
猛暑の18日の事です。待ち合わせの時間に行ってみると、補修準備もされて来られていました。そして暑い中で取り敢えずの応急処置をしてくださいました。
f0185379_12405121.jpg

約1時間の作業、本当にご苦労様でした。
f0185379_13311136.jpg
次回には本格的にサビを削り、もう一度ペンキを塗りなおすとのお話でした。
みなさん、三宮に行かれた折には、少しお化粧直しした募金塔を見てくださいね。募金もしていただければ嬉しいですね。
長谷川秀一様、ありがとうございました。

[PR]
by hyoshikyo | 2018-07-25 13:01 | 事務局便り

兵庫県ゆかりの歌

兵庫県の歌「ふるさと兵庫」以外にも、たくさん兵庫ゆかりの歌があります。それらをシリーズでご紹介しています。シリーズ「兵庫県ゆかりの歌」は<神戸・兵庫郷土史WEB研究館 http://kdskenkyu.saloon.jp/index-kds.htm>というHPの紹介文から抜粋・引用させていただいております。懐かしの歌・童謡・唱歌ゆかりの地(兵庫県内)(郷土史にかかる談話 39)からの引用です。
シリーズ第27回は「美し都、がんばろや、We love KOBE」です。阪神・淡路大震災が起り、「三都物語」に代わって、神戸など被災地の復興チャリティソングとして売り出された。バックコーラスに有名歌手たちも参加。神戸復興「がんばろや We love KOBE」のキャンペーンソング。「美(うま)し都で、また逢いましょう・・・」

[PR]
by hyoshikyo | 2018-07-18 09:19 | 事務局便り

事務局便り
6月8日に全国肢体不自由児協会連絡協議会がありました。
連絡協議会は、毎年1回6月に日本肢体不自由児協会にて開催されます。
主な議題は「手足の不自由な子どもを育てる運動」についてです。各府県の取り組みや今年度の頒布品等について担当者より説明がありました。
今年度は「手足の不自由な子どもを育てる運動」のキャラクターである『ゆーむとあーむ』が新しくペンギンのキャラクターに生まれ変わりました。
新しいペンギンのゆーむとあーむも今までのゆーむとあーむ同様、よろしくお願いいたします🐧
また、今年の絵はがきも力作ぞろいです101.png
準備がで次第詳しくお知らせいたしますので、今年度もご協力ご支援の程よろしくお願いいたします。


f0185379_11114914.jpg

協議の後、日本肢体不自由児協会創立75周年記念式典記念講演のDVD視聴がありました。
後援者は㈱ミライロ代表取締役、垣内俊哉様でした。垣内様は生まれつき骨が脆く折れやすいかたで車椅子で生活を送られています。
大学在学中から障害を価値と考える「バリアバリュー」を理念に様々なビジネスを展開されています。
年間公演数は100件を超えられているそうで、DVDながらお話に引き込まれていく感じでした。
機会があれば、ぜひ皆さんもお聞きになってくださいね。

f0185379_11194490.jpg

[PR]
by hyoshikyo | 2018-06-11 11:38 | 事務局便り

5月27日(日) 今年も永年に渡り本協会をご支援いただいている円応青年会様の第39回全国統一行動デー(体の不自由な子どもたちへの理解と協力を呼びかける「街頭募金活動」)が行われました。事務局も王子動物園前会場と明石会場、西明石会場、元町会場にご挨拶とご支援のお礼に伺いました。西明石駅前会場です。
f0185379_11480628.jpg

f0185379_12284776.jpg    JR明石駅南側です。f0185379_12294497.jpg 
 小さな子ども達も頑張って募金活動を! JR明石駅北側でも募金活動をされていました。f0185379_12333881.jpg f0185379_12384193.jpg 
 王子公園会場です。f0185379_13413927.jpg
f0185379_13420646.jpg

お昼からは、元町駅周辺でも募金活動が行われていました。
f0185379_13510959.jpg
暑い中、お疲れさまでした。
この街頭募金活動は、円応教の教えである「世の中の道具として働く」という実践活動として始まったとお聞きしましたが、毎年、本当にありがとうございます。今後とも、本協会及び肢体不自由児者への変わらぬご支援よろしくお願いします。

[PR]
by hyoshikyo | 2018-05-28 13:55 | 事務局便り

兵庫県ゆかりの歌

兵庫県の歌「ふるさと兵庫」以外にも、たくさん兵庫ゆかりの歌があります。それらをシリーズでご紹介しています。シリーズ「兵庫県ゆかりの歌」は<神戸・兵庫郷土史WEB研究館 http://kdskenkyu.saloon.jp/index-kds.htm>というHPの紹介文から抜粋・引用させていただいております。シリーズ25回目は「三都物語」です。
平成4年 京都、大阪、神戸の3都市をJR西日本が「三都物語」で売り出した際に、「いい日旅立ち」を作った谷村新司を起用して作った観光キャンペーンソング。「胸騒ぎの旅は 今始まって・・・誰に告げましょう」。従来の田舎・郊外の観光地中心のキャンペーンが多かった中で、都市圏への観光客動員を狙ったもので、都市の魅力を再確認させた。

[PR]
by hyoshikyo | 2018-05-16 13:18 | 事務局便り