たそがれウォーキング

こんにちは、「ラルフ」のパパです。f0185379_11295668.jpg
6月2日(土)、いつもの同期のメンバーで「たそがれウォーキング」に出かけました。たそがれとはなんとも意味深な言葉ですが、今回は夏の遠征?の打合せ(懇親会)の時間に合わせるために、16:00活動開始となったための言葉のようです??
今回のウォーキングは少し長距離の散歩のようなものでしたが、勉強になりました。
垂水駅東口集合して、日向遺跡に。私も垂水周辺で仕事をしていたのですが、初めて知りました。JR垂水東口の北側、レバンテ西館の地下1階コープ入口にありました。
f0185379_12431167.jpg
8000年前の縄文人の足跡がありました。約400年前に鹿児島県沖の海底火山の爆発があり、火山灰が垂水まで飛んできて10㎝積もったそうです。
f0185379_12492260.jpgf0185379_12500261.jpgすぐに行ける場所なので一度覗いてみてはいかがですか。PRが足りないのではという気持ちもしますが・・・・。
そこから垂水の海岸の恋人岬へ。
f0185379_12541905.jpg
途中にはビオトープがあちこちに。今では珍しくなったアメンボさんが一杯泳いでいました。
恋人岬の沖には平磯灯台が見えます。明治26年に日本初のセメント工場(小野田セメント)で生産されたセメントを使用し、平磯暗礁に建設されたとのことです。
f0185379_13001042.jpg
恋人岬から万葉歌碑の道へ向かいます。
途中で「垂れ水の滝」が見えます。垂水の地名はこの滝の名前からきているようです。昔は、明石海峡を航行する船が、この滝の茶の断崖に船を寄せて,滝の真水を汲んでいたようです。
f0185379_13032692.jpg
今見てみると滝とは思えませんね。
f0185379_13222918.jpg
散歩するには木陰も多く最高の道ですね、ランニングをしている人もいました。
f0185379_13242727.jpg
8世紀末の日本最古の歌集「万葉集」に垂水にゆかりの歌が6首あり、その歌碑が並んでいます。
f0185379_13295997.jpg
歌碑の横ではネコがのんびりと昼寝。実は、平磯公園周辺ではものすごい数のネコがいました。みんな栄養満点の体型です。
平磯公園に東端の風景です。天気が良く、風も無かったので素敵な風景です。
f0185379_13343938.jpg
のんびりしたウォーキングでしたが、往復で約1万1千歩ありました。
この後は、JR垂水駅の近くへ戻り、懇親会だけの合流組も含めて、10人で喉の渇きを潤しました。ひと汗かいた後のドリンクは最高でした。

[PR]
by hyoshikyo | 2018-06-04 14:42 | 「ラルフ」のパパです。