兵庫県ゆかりの歌

兵庫県の歌「ふるさと兵庫」以外にも、たくさん兵庫ゆかりの歌があります。それらをシリーズでご紹介しています。
シリーズ「兵庫県ゆかりの歌」は<神戸・兵庫郷土史WEB研究館 http://kdskenkyu.saloon.jp/index-kds.htm>というHPの紹介文から抜粋・引用させていただいております。懐かしの歌・童謡・唱歌ゆかりの地(兵庫県内)(郷土史にかかる談話 39)からの引用です。この研究館では兵庫に関わる様々な研究をしておられ、文化・歴史をはじめ驚くほど多方面のことを網羅するように各ページで紹介しておられます。みなさんも是非神戸・兵庫郷土史WEB研究館のページを覗いてみて下さいね。
シリーズ19回目は「そして、神戸」です。
阪神・淡路大震災のあった95年暮れの第46回NHK紅白歌合戦において、被災地からの復興応援歌としてリクエストが集まり、「神戸、泣いてどうなるのか・・・」、「ひとつが終わり ひとつが生まれる・・・」と激励。被災地にとって、単なる男女の愛憎の歌ではなく、復興への決意の歌となりました。


[PR]
by hyoshikyo | 2018-03-31 13:28 | 事務局便り