平成28年度の療育・更生相談会が6月23日(木)、7月16日(土)の2日間、兵庫県福祉センターで開催されました。今年は、諸事情で神戸会場だけになってしまいました。
今年度より相談内容に療育訓練・リハビリ相談を加え、相談員として関西国際大学の梶正義先生に加わっていただくことになりました。
6月23日の相談会は、4組の相談がありました。
昨年もそうでしたが、平日の相談会は参加者が少ないですね。
来年の検討課題と感じました。
f0185379_14615.jpg

今年度は2回目も含めて担任の先生も一緒に相談というケースが多かったですね。
f0185379_1472865.jpg


7月16日の相談会は、10組の相談がありました。当初、11組だったのですが、
家庭の都合で1組欠席となってしまいました。
f0185379_1415759.jpg


f0185379_14161734.jpg


f0185379_14202566.jpg


f0185379_14182225.jpg


f0185379_14221777.jpg

青年グループの方からは、学校卒業後の訓練の場がほしいという声がありました。
f0185379_1423153.jpg


相談していく中で急きょ予定外の相談もというケースもあり、バタバタした1日になってしまいました。
相談に来られた方の中には、「今回初めて相談会のことを知って参加した。
毎年やっているのですか?」という質問もあり、広報の工夫が必要だと感じました。

相談に来てよかったという声も多数あり、事務局としてはうれしい思いでした。

相談員の先生方、お忙しいのに予定を開けていただいてありがとうございました。

ここで、PRですが青年グループからも希望が出ていた
「楽に生活できる・2次変形予防のための姿勢・動作の訓練会」(仮称)
第1回目を関西国際大学の「梶 正義先生」等のご指導で
10月1日 13時より兵庫県福祉センターで行うことになりました。
基本的には、青年グループ対象の事業ですが、詳細は、後日お知らせします。

[PR]
by hyoshikyo | 2016-07-20 15:13 | 事務局便り

事務局便り

第64回『手足の不自由な子どもを育てる運動』

毎日梅雨とは思えないような晴天の日が続いていますね。
今日は七夕072.gif
織姫・彦星も今日は朝から心配なく過ごしていることでしょう001.gif

f0185379_9591158.jpg先月6月24日、全国肢体不自由児協会連絡協議会が東京の
日肢協でありました。
今年度の『手足の不自由な子どもを育てる運動』について
説明がありました。
今年も可愛い小学生の描いた友情の絵はがきや、今話題の
林家たい平さんが描いた愛の絵はがきを頒布します。
毎年好評の「ゆーむとあーむのクリアファイル」、今年は3Dファイルに代わって折りたたんで使うことのできる「ゆーむとあーむの2WAYフォルダー」があります。

当協会も日肢協の会議を終え、本格的に準備に取りかかり始めました
ただ今準備中です018.gif
9月初めに、皆さんにご案内をお送りする予定ですので、ご協力よろしく
お願いいたします。

また、今年から協会青年グループの皆さんが美術展に出展された作品のうち何点かを絵はがきやミニタオルにして『手足の不自由な子どもを育てる運動』にあわせて頒布予定です
そちらも詳細が決まり次第お知らせしますね
楽しみにしていてくださいね001.gif


f0185379_10141765.jpg

[PR]
by hyoshikyo | 2016-07-07 09:43 | 事務局便り

兵庫県ゆかりの歌

シリーズ「兵庫ゆかりの歌」は<神戸・兵庫郷土史WEB研究館 http://kdskenkyu.saloon.jp/index-kds.htm>というHPの紹介文から抜粋・引用させていただいております。シリーズ3回目は、デカンショ節です。
元々は篠山地方の盆踊り歌「みつ節」。明治中期に千葉に遊学していた篠山の若者たちが歌っていたのを、旧制一高生が聞きとめ、「デカンショ節」として伝わり全国に広がりました。灘の酒造りに篠山地方から出稼ぎに行っていた杜氏(とうじ)のことを「出稼ぎしよう・・・」と歌ったものです。

[PR]
by hyoshikyo | 2016-07-01 09:17 | 事務局便り