兵庫ディオーネ

こんにちは!「ラルフ」のパパです。f0185379_13434599.jpg

皆さん、「兵庫ディオーネ」をご存知ですか??

日本女子プロ野球の球団の一つで兵庫県の淡路市を拠点とする球団です。
今年の前期リーグで優勝しました。
実は、本協会の植野理事がその応援隊(正式名称は知りませんが・・・・)
のメンバーで、一度様子を見に来ないかというお誘いがあり、
練習風景を見学させてもらうことになりました。
最寄りの津名港バスターミナル内です。
兵庫ディオーネののぼりがいっぱいでした。

f0185379_147111.jpg


当日は、あいにくの雨のため、雨天練習場での練習でした。

f0185379_1492351.jpg


f0185379_14121047.jpg

エースの里 綾実選手です。
f0185379_14131342.jpg

植野理事のことは選手の皆さんは顔なじみのようでした。さすがですね。
試合中の激励の言葉も聞こえていましたとの話です。(確かによく通る声です)
碇 美穂子監督と植野理事とのツーショット。
f0185379_14193067.jpg


植野理事が期待している主砲の太田あゆみ選手です。後期リーグもがんばってくださいね。
f0185379_14282980.jpg


選手の皆さんは、初対面の私たちに対し丁寧に挨拶をしていただき恐縮するばかりでした。
選手の皆さんの明るく、元気な姿は印象に残りましたね。

少し先の話ですが、8月の27日、28日に神戸市ほっともっとフィールド神戸(球場)で、後期のリーグ戦が行われるようです。
27日は花火の打ち上げもあるようですよ
私も、彼女たちの応援に行ってみようかと思っています。

そうそう、青年グループの皆さん、一度試合を見てみようかということでしたら、まだ正式ではないですが、招待しますよという言葉も話の中ででました。
もし、希望があれば、協会の事務局までお知らせください。
球団の方にお願いしてみますので・・・・。


[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-22 14:59 | 「ラルフ」のパパです。

兵肢協のホームページ更新等で今春以来苦戦を強いられています。時々協会のホームページをご覧になっておられる皆様はお気づきだったでしょうが、妙な文字が梵字のごとくずらりと画面いっぱいに出ていたり、リンクが出来ていなかったりするなどご心配をおかけする日々が続いておりました。ここへきてようやく目立った不具合が解消できてきました(多少の細かい不具合はまだありますが)。お見苦しいページになっていたことをお詫び申し上げます。4月から私が主に担当するようになり、更新作業の細かい設定がよくわからないまま画面と向き合う日々でしたが、ここまでたどり着けたのは明興産業の情報通信部システム開発課のF様のお蔭なのです。手におえない時には「困ったときのF様」(師匠と呼ばせていただいています)に来ていただき助けていただきました。明興産業様にはいろいろと当協会の活動を支えていただいておりますが、日ごろのご支援への感謝に加え、今回のお力添えに対しても感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い申し上げます。001.gif
[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-22 14:50 | 事務局便り

兵庫県ゆかりの歌

今後シリーズ化しようとしている「兵庫県ゆかりの歌」ですが、実は<神戸・兵庫郷土史WEB研究館 http://kdskenkyu.saloon.jp/index-kds.htm>というHPの紹介文から抜粋・引用させていただいております。懐かしの歌・童謡・唱歌ゆかりの地(兵庫県内)(郷土史にかかる談話 39)からの引用です。この研究館では兵庫に関わる様々な研究をしておられ、文化・歴史をはじめ驚くほど多方面のことを網羅するように各ページで紹介しておられます。これほどまで詳しく正確に調査研究されている団体には初めて出会ったように思います。ただただ頭の下がる想いです。みなさんも是非神戸・兵庫郷土史WEB研究館のページを覗いてみて下さいね。
それでは、「鉄道唱歌」に続いてご紹介するのは「青葉の笛」です。
一の谷の合戦で、敗走する平家に追いついた熊谷次郎直実に討たれた平敦盛が、今わの際まで持っていたという詩と笛。さあ、どんな歌でしょうか・・・


[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-21 09:07 | 事務局便り

みなさ~ん、日本に帰ってきました。ただいまで~す!f0185379_17275659.pngやはり現地報告(1)の続きは帰国後になってしまいました。では、さっそくコンビニ&車いす事情を中心にご報告いたします。まずは、コンビニから・・・
f0185379_168949.jpg
これは、おにぎりやポッキーなど日本でおなじみのお菓子などの日本製品が気軽に買えるコンビニ「コンビニ屋」(KONBINIYA)です。もちろん日本から輸入しているので2倍ぐらいの値段がしていました。英語で話しながら支払おうとするとしっかり日本語が返ってきてびっくり。店員さんはバリバリの日本人でした。報告(1)でお知らせしたようにセブンイレブンは所々にありました。ただし日本のように気軽に利用できるトイレがないのです。緊急時の駆け込み寺にはなっていないんです。さらに酒類も売られていません。コンビニでのアルコール類の販売は禁止されていて、許可されたLiquor Shopである酒類販売店のみになっています。(これは治安上の問題で、路上生活者が入らないようにするためのようです。地下鉄の駅もトイレはありませんでした。コンビニやShopの出入り口前には帽子や箱などを手にして「お釣りちょうだい」と言いながら小銭を乞う路上生活者がいつもいました。
f0185379_1634894.jpg
f0185379_16345152.jpg
コンビニ代わりに、街の至る所にSTARBUCKS COFFEE(スターバックス)があり、たいていは通りのコーナーに位置しています。ここではレストランやショッピングモールなどと同様にトイレも備えられています。あまりにも当たり前のようにたくさんあったので、スタバの写真を撮り損ねてしまいました。上の画像はネットから拝借したもので、こんな感じでした。
次に、車いす事情ですが、市内を走るバスには全車両にスロープが備えられており、ほとんどのタイプが運転席からボタン一つで乗降口の床にあるスロープが車両の外側へパタンと跳ね出るスロープでした。
f0185379_16424695.jpg
f0185379_16432462.jpg
上の画像は後部についた昇降タイプのものですが、このタイプを見かけたのは珍しいくらいに少なかったです。
f0185379_16471427.jpg
車いすだけでなく高齢者でも気軽にバスが利用できるようにもなっています。もたれたり腰かけたりするバギーもこのように使いながら乗車されていました。
f0185379_16503364.jpg
バス前部の黄色いパイプが見えますが、そのあたりの床からスロープが入口ドアのあたりに出るようになっています。
とにかく、老人であれ乳幼児連れの人であれ、移動に手助けが人々にとても優しい社会になっています。素晴らしい!と思いました。こういう人が乗車してくると一様に席を譲ったり座席を取り出したり(車いす用に座席が上げられている)するのです。特に意識しているのではなくごく当たり前にしているのです。もちろんそのたびにThank you.<ありがとう>とYou're welcome.<どういたしまして>と言葉もごく普通に交わされるのです。
f0185379_1714244.jpg
このように、日本でも見かけはしますが比較にならないほどいたるところで車いす姿を見かけました。
f0185379_1721076.jpg
f0185379_1724398.jpg
f0185379_173544.jpg
タクシー(YellowCab)にもスロープが普通についていました。
f0185379_1753093.jpg
最後に、日本でも見かける老人用の電動バギーですが珍しいタイプがあったのでご紹介します。
f0185379_1772246.jpg
f0185379_1773796.jpg
f0185379_1775638.jpg

折りたためる上に、小さな車輪がキャスター兼用になっていて持ち運び・移動が楽で、車にも積めるしバスに乗るのも可能なものでした。ちなみにネット販売で20万ぐらいだそうです。では今回はこれぐらいで・・・。次回はおすすめの観光地でも・・・と考えています。
[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-15 17:28 | Shin爺のぽかぽか日記

は~い、みなさん。私は今世界一住みやすい都市として有名なカナダ・バンクーバーに来ています。
f0185379_249048.jpg
関空からおよそ9時間半の空の旅でした。久しぶりの海外旅行なので少し心配しましたが、おかげさまで快適な飛行でした。バンクーバー空港にはこちらに住んでいる我が娘が迎えてくれました。久しぶりの再会にお互いにハグをして喜びを分かち合いました。Yellow Cab(タクシー)で娘の住む下宿先まで行きましたが、まるで鏡の世界に入ったような感覚が続きました。それは、車が右側通行だからです。理屈では理解していても、いざ車に乗って目の前に現れる景色は「あ、ぶつかる!」という錯覚の連続でした。
f0185379_335047.jpg
反対車線に止まっている車は左折してこちらの車の方へと迫ってくるのです。その度に「あ!」と思うのです。赤信号になっても右折しても良いことになっていて、「赤なのにどうして右折するのか」とヒヤリ!
f0185379_3134651.jpg
また、信号のある横断歩道は、写真のように数字が出ていて「信号が変わるまであと〇〇秒ですよ。」と教えてくれます。これは日本のただ点滅するだけの信号よりも分かりやすくなっています。2~3年前に導入されたようです。
f0185379_3185211.jpg
移動手段として大変便利で市民に重宝されているバスはなんと電線からパンタグラフを通して電気を供給しながら走っています。
f0185379_3231448.jpg

さらには2連結のExpress(急行)バスもありました。
f0185379_3243845.jpg
ところ変わればなんとやら…ですが、感心するやら驚くやらです。
投稿途中ですが、観光にでかけますので続きはまた・・・。お知らせしたいことは一杯ですが、もしかしたら続きは帰国後になるかもしれません。悪しからず。次回の現地報告(その2)はコンビニと障がいのある人達の様子を中心にご報告する予定です。では、大いに楽しんで帰ります。

[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-07 03:33 | Shin爺のぽかぽか日記

こんにちは、「ラルフ」のパパです。f0185379_1549030.jpg

今日のブログは、「クリンソウと平福」その2です。
千種高原を出て、佐用町平福に向かいました。
雨はすっかり上がったようです。
私も初めての街です。因幡街道の宿場町です。
本陣跡です。
f0185379_15563259.jpg


智頭急行の平福駅です。趣のある駅舎ですね。
f0185379_15585126.jpg

この街で唯一?のカフェです。「農村カフェ 記憶」
美味しいコーヒーを頂きました。水ようかん付きで500円でした。
見えている庭園の池は、宮本武蔵の時代からのものとのことでした。
ご主人に「平福」の歴史についてたくさんお話を伺いました。
f0185379_1613614.jpg


川端の道に降りますと、そこには、何とも懐かしい、風景。
背丈ほどに詰まれた石垣の上に、大小の蔵が整然と立ち並ぶ、これぞ平福という風景です。

f0185379_1672320.jpg


六地蔵です。ここは、宮本武蔵決闘の場で、しかも、処刑場跡でもあったようです。
f0185379_16121053.jpg

落ち着きがあり、叙情的な川端風景の平福でした。
皆さん、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

最後に、もう一度「クリンソウ」です。
f0185379_1618062.jpg




[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-03 16:20 | 「ラルフ」のパパです。

兵庫県ゆかりの歌

兵庫県の歌「ふるさと兵庫」以外にも、実はたくさん兵庫県ゆかりの歌があるようです。今後は定期的な間隔でそれらをご紹介しようと思います。
第1回目はかなり古い歌ですが「鉄道唱歌」という歌をご存知でしょうか?♪ 汽笛一声新橋を ・・・♪で始まるあの歌ですが、あれは(東海道編)です。(山陽・九州編)もあって、その中に布引~兵庫~鷹取~須磨の浦・・・と続いているんです。それではお聞きくださいね。
今後は、「ふるさと兵庫」以外にも兵庫県ゆかりの歌をシリーズ化してご紹介していこうと思います。古い歌から最近の歌までありますよ。


[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-01 23:59 | 事務局便り