例年よりも寒かったためか、その時期になってもなかなか姿を現わさなかった土筆(つくし)。3月もあと数日、という時期になりました。待ち望んでいた春の恵み・土筆がようやく伸びてきました。早速、土筆採りに出かけました。我が家では、毎年この時期に土筆を採って調理して食べています。ちょっとだけ渋みを感じるものの、味をしめたらやめられませんよ。お酒のあてにもなります。104.png 土筆は、川の土手や田畑のあぜ道によく生えています。日当たりがよい南斜面の土手や休耕地になっている畑や原っぱを探せば見つかります。時期としては3月下旬から4月上旬です。私が借りている農園(川沿い)から少し行ったところの土手に絨毯のようにびっしり生えていました。
f0185379_15410800.jpg

f0185379_15415811.jpg

f0185379_15421742.jpg
レジ袋3枚にたっぷりと採れました。早速、家内に調理してもらうために鞘(はかま)取りをします。緑色の胞子が一杯出て灰汁(あく)が手について真っ黒になりますから、薄手のゴム手袋をして取るといいですよ。でも、長時間の作業になりますから、覚悟を!! 今日の収穫量からすれば、すべての鞘を採るには6~7時間は優にかかるでしょうね。「ようし、頑張るぞ!」166.png
f0185379_15475693.jpg
右側が鞘を取る前の土筆、左側が取った後です。ちょっとしたコツがあるんですよ。慣れてきたら分かります。
f0185379_15480787.jpg
延々と鞘取り作業が続きました。やっと終わりです。
f0185379_15481953.jpg
水洗いをします。胞子がたくさん出て緑色の水になります。さらに2回水洗いします。深い鍋に8分目ほど水を入れ沸騰させます。そこに水洗いした土筆を入れ、4~5分茹でます。茎の色が褐色になり、しんなりしたら火を止め水切りをします。
f0185379_15482522.jpg
これで調理前の作業は終了です。このまま冷凍しておくこともできます。調理方法は、クックパッドなどで検索すればたくさん出てきますが、我が家では、いつも卵とじにして食べています。孫娘もなぜか抵抗なく食べていますよ。皆さんも是非、春の恵みの一つである土筆を味わってみて下さいね。

[PR]
by hyoshikyo | 2017-04-05 16:00 | Shin爺のぽかぽか日記

光と冬景色

みなさん、お元気ですか?shin爺です。f0185379_1336055.png
あっという間に12月も半ばです。「光陰矢のごとし・・・」と、いまさらながら強く実感するようになってきました。
さて、今日は一段と冷えますね。寒波が来てるんですね。気象予報士によれば「寒気」は寒さや寒さの程度のことを言い、冷たい冬の空気のこと。それに対して「寒波」は、その地域の平均的な気温よりもずっと低温の冷たい寒気団が波のように押し寄せてくる現象。寒波によって気温が急激に下がるということです。昨夜からの強い風雨はおさまりましたが、曇り空と風によって体感温度はかなり低く感じます。この時期は、インフルエンザや感染性胃腸炎(ノロウィルス、ロタウィルス、など)が流行ってきます。身の回りでは、インフルエンザ患者も出るようになってきました。例年よりも早く流行しているそうです。お互いに予防に気を付けたいものですね。

11月30日のルミナリエハートフルデイについて’ラルフ’のパパ’さんが投稿しましたが、今回は動画でご紹介しましょう。加えて、今ではすっかり冬の名物詩のようになってきた各地のイルミネーションもご紹介します。
今年で22回目を迎えたルミナリエですが、いつ見ても美しさに感動しますね。思わず動画で撮り、カナダにいる娘にラインで送りました003.gif。多少手振れしているでしょうが、ご容赦を037.gif


素人の私の動画だけでは十分ではないでしょうから、プロの方による映像もご紹介します。
「共同通信社」が12月2日の開幕日に撮影したものです。
追悼と賛歌の光輝く 22回目の神戸ルミナリエ(共同通信社)
阪神大震災の犠牲者を悼む光の祭典「神戸ルミナリエ」が2日、神戸市中央区で開幕した。壊滅的な状況から立ち上がった人々への賛歌をイメージした発光ダイオード(LED)約30万個の光が夜空を照らした。

ふと、「第1回目はどんなだったろうか?」と思い調べてみると、こんなスライドショーがありました。みなさんはあの頃のことを思い出すことはありますか?
第1回神戸ルミナリエ (1995年12月開催)
1995年12月、阪神・淡路大震災の傷跡が残る神戸で開催された第1回神戸ルミナリエのスライドショー


’Discover Nippon’(http://www.discovernippon.jp/)というサイトではこんな動画も見られますよ。
[HD]神戸ルミナリエ Kobe Luminarie Christmas Illumination イルミネーション便り
撮影:2013年12月13日「神戸ルミナリエ」は阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催。神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術作品として人気が高く、そのまま毎年、開催され、今では大勢の人たちが訪れる。週末には市民有志によるステージイベントも開催。 震災の闇と闘ってきた記憶を忘れることなく訪れる人々のこころに、新たな光の絆を灯していきます。


今回は、「光と冬景色」をテーマにしましたので、あと2つご紹介します。

もうすぐクリスマス!024.gif
全国クリスマスイルミネーション X'mas illuminations イルミネーション便り
2011/12/23 にアップロード
全国の美しいX'masイルミネーションスポットを紹介します。
真冬の夜空に光が輝く、毎年、クリスマスシーズンには全国各地で大規模なイルミネーションが行われ、カップルをはじめ、家族などの観光スポットとしても人気です。そこで、全国のイルミネーションの名所を特集。雪景色を鮮やかに彩る北国から、満天の星空に負けない輝きを放つ場所など全国的に有名なイルミネーションスポットを紹介します。



そして最後に、日本の冬景色・・・
4K DEMO ULTRAHD WINTER SCENE JAPAN 4K映像 日本の冬景色 (3840×2160) RED EPIC


みなさん、来年は酉年です。今年以上に良いお年をお迎えください。043.gif
003.gif
[PR]
by hyoshikyo | 2016-12-14 14:51 | Shin爺のぽかぽか日記

冬はもうすぐ!白川郷

10月に98歳を迎えた、ホームに入所中の母親に会うのが第一の目的で岐阜の実家に久しぶりに帰りました。到着した日の翌日に面会し、高齢ながら元気な母の様子に安心しました。自身も「もうちょっとで100歳」と、よく分かっている様子でした。子、孫、ひ孫の顔と名前を一致させるのが難しそうでしたが、息子の私は最後まで名前で呼ばずに「おじいさん」でした(笑)。帰り際には「もう帰るんか?」と何度も言い、名残りをいつまでも惜しんでいました(ちょっと辛い気持ちに・・・)。その翌朝、天候は一応青空ながらやや雲の多い日。2時間半ほどかかって白川郷へ到着。途中で雪交じりの雨が降りだし、山の頂はうっすらと雪化粧していました。もう冬も間近なのですね。冬には豪雪となり、深い雪につつまれるのでしょう。
f0185379_1240921.jpg
まずは、村営の駐車場近くにある野外博物館「合掌造り民家園」というところを見学しました。
f0185379_12405251.jpg

f0185379_12455688.jpg
f0185379_1246445.jpg
ここには、県重要文化財指定の9棟を含む全26棟の合掌造りがあり、水車小屋、神社、寺本堂などをかつてのままに移築しています。きわめて珍しい合掌造りの寺(浄土真宗)もありました。
f0185379_1244473.jpg

f0185379_12574263.jpg
本来は荻町の合掌造り集落群を見て回る予定でしたが、この民家園だけでもかなり見ごたえがあり、昼食時間を含めると、いつの間にか4時間以上かかってしまい、集落群の見学は母の「100歳のお祝い」の時の楽しみにすることになりました。
それでは、以下に民家園の様子をご紹介しましょう。ご覧ください。
これは合掌造りの構造を説明するための模型ですね。
f0185379_12584316.jpg
当時の新聞の記事が展示されていました。人が絶えてしまった加須良の村で昔懐かしい盆踊りが復活した、という記事のようです。
f0185379_1302879.jpg
f0185379_1351426.jpg

f0185379_13653100.jpg
民家の中の様子です。いろいろ、懐かしく思う物が結構ありました。と、いうことは私はかなり昔の人間なのですね。
f0185379_1372115.jpg

f0185379_1374082.jpg

f0185379_1383128.jpg

f0185379_138475.jpg

f0185379_139454.jpg

f0185379_139469.jpg

f0185379_1392625.jpg

喫煙場所の案内もこんなに粋なものでした(^_^.)
f0185379_13123943.jpg

f0185379_13235355.jpg
こんな癒しの滝がありました。
f0185379_13224563.jpg

f0185379_13262473.jpg
中野義盛家という民家の中には持ち主夫婦がおられて、栃の実の皮をむき、囲炉裏でその実を煮ていました。そのために家の中は煙っていて、孫娘は「煙たい」と涙を出していました。
f0185379_13291115.jpg
母親が無事に100歳を迎えてくれることを願い、お祝いの宴を催すことと白川郷荻町の合掌造り集落群を見学できる日を楽しみに、今回の投稿を終わりたいと思います。こんな動画を見つつ・・・017.gif
紅葉と合掌造り 秋の白川郷 Shirakawa-go Japan 【HD】 美しい日本の風景 The Beautiful Scenery of Japan
2014/09/10 に公開
白川郷は岐阜県にある集落群で、茅葺屋根の合掌造りの古民家が多数残されています。1995年に世界文化遺産に登録され、人が住んでいる世界遺産として一躍有名になりました。春夏秋冬で様々な表情を見せる白川郷ですが、秋は美しい紅葉と古民家のコントラストが映えます。

【World Heritage】Shirakawa-go (Fall & Autumn Colors) | 世界遺産:白川郷 (秋,紅葉)
2010/11/10 にアップロード
世界遺産である白川郷には独特の茅葺き民家・合掌造りの家があります。昔ながらの趣きある家並みと色鮮やかな紅葉が安らぎをあたえてくれます。紅葉の例年の見頃は10月下旬〜11月上旬です。




[PR]
by hyoshikyo | 2016-11-30 13:47 | Shin爺のぽかぽか日記

みなさん、お元気ですか?連休中の台風は大丈夫でしたか?すごい雨でしたね。帰ってきたら、畑のトマトの支柱がバッタと倒れていました。風も強かったんでしょうね。
私はと言うと、石川県に行ってました。息子家族がそちらに住んでいるものですから。19日に自衛隊の小松基地の航空祭を見たんですが、すごい迫力でしたよ。毎年全国から10万人ぐらい来るそうですよ。f0185379_14223679.jpg
f0185379_14242460.jpg
f0185379_1431513.jpg
こんな戦闘機ですよ。f0185379_14273936.jpg実際にこの基地からスクランブル発進しているそうです。戦闘機が爆音を挙げて至近距離を飛ぶので、孫娘が怖がっていました。それぐらいものすごい迫力でした。私も怖かったほどです。
中でも花形はブルーインパルスのアクロバット飛行。f0185379_14253128.jpg
f0185379_14331833.jpg
最近は日本周辺が物騒な状況になってきてるので不安になってしまいますね。「平和ぼけ」と言われようが、やっぱり平和が一番ですね。大丈夫でありますように!!
さて、日肢協では「平成28年度(第64回)愛の絵はがき運動」の取り組みが始まっています。今年度は兵肢協でも、日肢協とタイアップして兵庫版の「愛の絵はがき運動」に取り組んでいます。もうすでにみなさんのお手元に案内などが届いているのではないかと思います。左の<最新情報>のバナーからページに入ると、このホームページでも詳細が分かりますよ。知人、友人、地域の人々など広く呼びかけてこの輪を広げていきたいですね。
f0185379_14493360.jpg
どの作品もすごく良い出来上がりになっています。個人的にはミニハンドタオル(マイクロファイバー生地)が気に入っています。手元に届くのが楽しみになりますよ。
それからもうお気づきだと思いますが、ホームページのアドレスがつい最近変わりました。
http://hyoshikyo.d.dooo.jpです。携帯向けのQRコードもできました。f0185379_14592511.jpg

もう間もなくしたら、またまた、ホームページの更新時期になります。「夏の交流会」「療育キャンプ」などを更新する予定です。うまく出来るかなぁ???お楽しみに!

[PR]
by hyoshikyo | 2016-09-22 15:13 | Shin爺のぽかぽか日記

4月に協会へ来ました時、このブログで私の愛車のバイクを紹介しましたね。年甲斐もなく赤いホンダの逆輸入車DEAVILLE(ドゥーヴィルと読みます)に乗っていました。これまでに、あちこちツーリングに行き、本当に良いバイクでした。でも、ここ1~2年はバイクにまたがることがめっきりと減ってしまいました。これは、今の年齢では乗りこなすのに少しばかり負担になってきていたからです。近頃はよく高齢者の重大な交通事故のニュースを見聞きします。自分も事故を起こす前に乗るのをやめた方が賢明だろうと思うようになっていたのです。これまで乗ってきたバイクの中で最もお気に入りで、しかも偶然なことにそのナンバーも3333という気持の良い番号でしたから、本心は手放したくなかったのですが、いろいろ考えた末に思い切って手放すことにした次第です。バイカーShin爺の雄姿(?)は見納めとなりました。「転ばぬ先の杖」ですね。協会のブログには不向きな記事ですが、ご了承ください。
この話題とは離れますが、私は協会のホームページを随時更新する作業をさせていただいています。しかし力不足のためあちこちに不具合が出ていますことをお許し下さい。現在は「最新情報」のページとそのリンクページにお見苦しい箇所があります。鋭意不具合を訂正しようと努力していますが、苦戦しています。しばらくご辛抱願います。最新情報のページでは、「愛の絵はがき運動」の案内を出しています。日肢協および兵肢協から提供する作品ですが、どれも素晴らしい作品ばかりです。みなさん、是非ご協力くださいね。また、クリック募金の方も宜しくお願いします。友人・知人、家族、親戚、地域の方など、どんどん協力をお願いしていきましょう。

[PR]
by hyoshikyo | 2016-09-09 10:40 | Shin爺のぽかぽか日記

ずいぶん間隔が空いてしまいましたが、バンクーバー現地報告の最終回です。
それでは早速観光のおすすめスポットをご紹介しましょう。
まず、カナダは原発が無く、しかも一般市民が銃を持つことを禁止している国なので、治安はかなり良い国です。滞在中に「カナダに移住でもしようか」という話になることもしばしばでした。バンクーバー自体はそれほど広大ではないので、バスや電車で比較的簡単に移動ができます。ただしダウンタウンのある区域ではドラッグ常習者がいたり路上生活者が多く、注意が必要です。もちろん夜間の訪問は避けた方がいいでしょう。私たちが訪れた時も白昼なのに明らかに異常な表情をして暴れながら大声で叫ぶ男性が警察官に逮捕されてパトカーに乗せられるところを目の当たりにして驚きました。また、乗っているバスに乗り込んできた黒人女性が突然奇声をあげたりするなどの挙動不審者がいました。明らかにドラッグ(ワリファナ、など)の影響のようでした。ちょっと身の危険を感じる場面でした。偏見はいけないのですが、チャイナタウンも治安がかなり悪いようです。気を付けましょう。
f0185379_1420178.jpg


私がアウトドア派なので偏っているかもしれませんが、最も印象的だったのが街の中心から車で1時間半ほどのところ(ノースバンクーバー)にあるカヤックで人気のスポットDeepCove。安全を期してガイド付きがおすすめ。快晴の中、パドルでこぎながら海面を滑るように進むのは風も心地よく最高の気分でした。
f0185379_14225227.jpg


同じくノースバンクーバーにあるキャピラノ吊り橋公園。この吊り橋はご覧の通りかなり深い渓谷(60~70m?)の上に架けられた吊り橋で、歩を進めるたびに橋が大きく揺れ当然ながら手すりを持たなければ落ちてしまいそうに感じる怖さでした。
f0185379_1431212.jpg

断崖絶壁に貼りつけるように設けられた歩道(Cliff Walk)は足がすくみっぱなしでした。(私は少々高所恐怖症気味なのです)
f0185379_14431152.jpg

買い物や食事にはウォーターフロントにあるグランビルアイランドが面白いですよ。いろいろな種類のビールが飲み比べられるお店がありました。もちろん美味しさ抜群です。
f0185379_14494913.jpg

f0185379_14513179.jpg

このエリアでは広場や路上のここかしこでプロやプロ並みのミュージシャンたちが歌や演奏を披露していました。たとえプロの人でもオーディションで合格した者でなければ演奏などができないそうです。
f0185379_1456141.jpg

f0185379_14571189.jpg

グランビルアイランドへのアプローチの一つとして、定員10名ほどのかわいらしいAquaBusがおすすめです。
f0185379_15014100.jpg

さほど大きくはありませんが、バンクーバー美術館(アートギャラリー)でピカソ展が開かれていたので覗いてみました。なんと普通では考えられない「撮影」がOKだったのです。ピカソの原画に手がすぐに届きそうな状態でカメラに何枚も収めることができました。ラッキー!!
f0185379_1572029.jpg

f0185379_1581364.jpg

f0185379_1585771.jpg

この他、有名な公園としては400ヘクタール(東京ドーム10個分?)の広さのスタンレーパーク、小さいながらも美しいビクトリア公園などが良かったですよ。海岸は、イングリッシュベイ・キツラノベイはどちらも美しい海岸でした。
f0185379_15215248.jpg

f0185379_15231885.jpg

f0185379_1528625.jpg

f0185379_15295222.jpg

f0185379_153177.jpg

f0185379_15383630.jpg

もっともっとおすすめポイントがありますが、スペースの関係でこれぐらいでとどめておきます。あしからずご容赦ください。みなさん、ぜひカナダへ行ってみて下さい。私たちも次回はもっとゆっくり滞在して楽しみたいと思っています。カナディアンロッキーにも行けたらなぁ・・・


[PR]
by hyoshikyo | 2016-08-24 15:45 | Shin爺のぽかぽか日記

みなさ~ん、日本に帰ってきました。ただいまで~す!f0185379_17275659.pngやはり現地報告(1)の続きは帰国後になってしまいました。では、さっそくコンビニ&車いす事情を中心にご報告いたします。まずは、コンビニから・・・
f0185379_168949.jpg
これは、おにぎりやポッキーなど日本でおなじみのお菓子などの日本製品が気軽に買えるコンビニ「コンビニ屋」(KONBINIYA)です。もちろん日本から輸入しているので2倍ぐらいの値段がしていました。英語で話しながら支払おうとするとしっかり日本語が返ってきてびっくり。店員さんはバリバリの日本人でした。報告(1)でお知らせしたようにセブンイレブンは所々にありました。ただし日本のように気軽に利用できるトイレがないのです。緊急時の駆け込み寺にはなっていないんです。さらに酒類も売られていません。コンビニでのアルコール類の販売は禁止されていて、許可されたLiquor Shopである酒類販売店のみになっています。(これは治安上の問題で、路上生活者が入らないようにするためのようです。地下鉄の駅もトイレはありませんでした。コンビニやShopの出入り口前には帽子や箱などを手にして「お釣りちょうだい」と言いながら小銭を乞う路上生活者がいつもいました。
f0185379_1634894.jpg
f0185379_16345152.jpg
コンビニ代わりに、街の至る所にSTARBUCKS COFFEE(スターバックス)があり、たいていは通りのコーナーに位置しています。ここではレストランやショッピングモールなどと同様にトイレも備えられています。あまりにも当たり前のようにたくさんあったので、スタバの写真を撮り損ねてしまいました。上の画像はネットから拝借したもので、こんな感じでした。
次に、車いす事情ですが、市内を走るバスには全車両にスロープが備えられており、ほとんどのタイプが運転席からボタン一つで乗降口の床にあるスロープが車両の外側へパタンと跳ね出るスロープでした。
f0185379_16424695.jpg
f0185379_16432462.jpg
上の画像は後部についた昇降タイプのものですが、このタイプを見かけたのは珍しいくらいに少なかったです。
f0185379_16471427.jpg
車いすだけでなく高齢者でも気軽にバスが利用できるようにもなっています。もたれたり腰かけたりするバギーもこのように使いながら乗車されていました。
f0185379_16503364.jpg
バス前部の黄色いパイプが見えますが、そのあたりの床からスロープが入口ドアのあたりに出るようになっています。
とにかく、老人であれ乳幼児連れの人であれ、移動に手助けが人々にとても優しい社会になっています。素晴らしい!と思いました。こういう人が乗車してくると一様に席を譲ったり座席を取り出したり(車いす用に座席が上げられている)するのです。特に意識しているのではなくごく当たり前にしているのです。もちろんそのたびにThank you.<ありがとう>とYou're welcome.<どういたしまして>と言葉もごく普通に交わされるのです。
f0185379_1714244.jpg
このように、日本でも見かけはしますが比較にならないほどいたるところで車いす姿を見かけました。
f0185379_1721076.jpg
f0185379_1724398.jpg
f0185379_173544.jpg
タクシー(YellowCab)にもスロープが普通についていました。
f0185379_1753093.jpg
最後に、日本でも見かける老人用の電動バギーですが珍しいタイプがあったのでご紹介します。
f0185379_1772246.jpg
f0185379_1773796.jpg
f0185379_1775638.jpg

折りたためる上に、小さな車輪がキャスター兼用になっていて持ち運び・移動が楽で、車にも積めるしバスに乗るのも可能なものでした。ちなみにネット販売で20万ぐらいだそうです。では今回はこれぐらいで・・・。次回はおすすめの観光地でも・・・と考えています。
[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-15 17:28 | Shin爺のぽかぽか日記

は~い、みなさん。私は今世界一住みやすい都市として有名なカナダ・バンクーバーに来ています。
f0185379_249048.jpg
関空からおよそ9時間半の空の旅でした。久しぶりの海外旅行なので少し心配しましたが、おかげさまで快適な飛行でした。バンクーバー空港にはこちらに住んでいる我が娘が迎えてくれました。久しぶりの再会にお互いにハグをして喜びを分かち合いました。Yellow Cab(タクシー)で娘の住む下宿先まで行きましたが、まるで鏡の世界に入ったような感覚が続きました。それは、車が右側通行だからです。理屈では理解していても、いざ車に乗って目の前に現れる景色は「あ、ぶつかる!」という錯覚の連続でした。
f0185379_335047.jpg
反対車線に止まっている車は左折してこちらの車の方へと迫ってくるのです。その度に「あ!」と思うのです。赤信号になっても右折しても良いことになっていて、「赤なのにどうして右折するのか」とヒヤリ!
f0185379_3134651.jpg
また、信号のある横断歩道は、写真のように数字が出ていて「信号が変わるまであと〇〇秒ですよ。」と教えてくれます。これは日本のただ点滅するだけの信号よりも分かりやすくなっています。2~3年前に導入されたようです。
f0185379_3185211.jpg
移動手段として大変便利で市民に重宝されているバスはなんと電線からパンタグラフを通して電気を供給しながら走っています。
f0185379_3231448.jpg

さらには2連結のExpress(急行)バスもありました。
f0185379_3243845.jpg
ところ変わればなんとやら…ですが、感心するやら驚くやらです。
投稿途中ですが、観光にでかけますので続きはまた・・・。お知らせしたいことは一杯ですが、もしかしたら続きは帰国後になるかもしれません。悪しからず。次回の現地報告(その2)はコンビニと障がいのある人達の様子を中心にご報告する予定です。では、大いに楽しんで帰ります。

[PR]
by hyoshikyo | 2016-06-07 03:33 | Shin爺のぽかぽか日記

天候が荒れ気味だったゴールデンウィークに、鳥取と島根までオートキャンプに行ってきました。なんと無謀にも奥さんと二人で車中泊をしました。少し天候が悪いとの予報でしたが、鳥取に行ってみるとなんとものすごい風!暴風といった方がいいですね。夜中に荒れ狂う風のために車が激しく揺れたり浮き上がるような時もあり、何度も目を覚ましました。無事に朝を迎え30数年ぶりに訪れた砂丘は、残念ながら横殴りの暴風のため砂漠の砂嵐状態でした。
f0185379_1803995.jpgもうとても耐えられないので、すぐに引き上げて境港の水木しげるロードへ。強い風が吹いてはいましたが、天候は一応晴れ!多くの観光客が(あ、私たちもそうですね)訪れていました。案内図を頼りに、通りにあるいろいろな妖怪の像の数々と記念館の展示を楽しんで来ました。「ゲゲゲの鬼太郎」と言えば目玉おやじ。どうして目玉おやじが生まれたかも初めて知りました。NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」以来観光客も増加したそうです。
f0185379_1812775.jpg次に訪れたのは、奥さんの希望で「砂のミュージアム」と「足立美術館」。どちらも大変良かったですが、砂のミュージアムは世界で初めてという室内での展示なのです。今回は南米をテーマにした展示でした。砂の造形に加えてそこを水が流れるという奇抜で超難度の技術の凄さにびっくり!有名なマチュピチュなど見事なアートを目にして、感動の連続でしたよ。
f0185379_1883399.jpg足立美術館は世界に認められた庭園として有名ですが、その他にも常設特別展示されている日本画の巨匠・横山大観の傑作の数々や榊原紫峰、竹内栖凰などの大作がいっぱいでした。50000坪の美しい日本庭園と名画の絶妙な調和が、私たちの心を十分に癒してくれました。
f0185379_18132841.jpgこちらへ来たら外せないのは「出雲大社」ですね。なんと!奥さんが大好きな御神楽が地元の保存会の人たちによって生で披露されているところに出くわしたではないですか。なんという幸運!しばらくお尻に根が生えたかように献舞を観させてもらいました。ここでも心が洗われるようでした。
鳥取花回廊、松江城なども含めた3日間のオートキャンプの旅でした。もちろん、温泉にも入りましたよ。体も心ぽっかぽか・・・になりました。

[PR]
by hyoshikyo | 2016-05-17 18:44 | Shin爺のぽかぽか日記

これがわたしですよ~。

f0185379_14194293.png
Shin爺です、こんにちは。みなさんお変わりありませんか?私は該当しないんですが、花粉症(スギ、ヒノキなど)とやらのピークも終わりに近づいてきているようですね。苦しんだ人も多いのではないでしょうか。さて、今日は雨なので家でパソコンと向き合っているところです。協会に来て初めてブログというものを書くようになったのですが、事務局のメンバーには一人づつ似顔絵があります。私は・・・というと、まだないので自分で作っちゃいました。スマホを見ていたら似顔絵作成アプリを見つけたのでそれを使ってみたらこのようなShin爺ができあがりました。年齢に不似合いな姿かたちですが、「年を取るほど、若々しく」した方がいいのではないかと思い、このようにしました。本当の姿とはかなりギャップがありますが、どうぞよろしくお願いします。ゴールデンウィークは奥さんと二人でキャンプにでも行こうか、と話しています。こんな軽装でいくかもしれません。どこにしようかな???みなさんは、何か計画がありますか??いいところがあったら教えてくださ~い。

[PR]
by hyoshikyo | 2016-04-28 14:35 | Shin爺のぽかぽか日記