兵庫県ゆかりの歌

兵庫県の歌「ふるさと兵庫」以外にも、たくさん兵庫ゆかりの歌があります。それらをシリーズでご紹介しています。
シリーズ「兵庫県ゆかりの歌」は<神戸・兵庫郷土史WEB研究館 http://kdskenkyu.saloon.jp/index-kds.htm>というHPの紹介文から抜粋・引用させていただいております。シリーズ16回目は「白鷺の城」です。
白漆喰塗りの城壁が照り、白い鷺が翼を広げた姿を彷彿とさせるとして、「白鷺の城」と呼ばれています。2009年からスタートした姫路城の5年半に及ぶ「平成の大修理」が2015年3月にようやく終わり、白亜の姿を取り戻した世界文化遺産・国宝姫路城(兵庫県姫路市)。日本初の世界遺産で木造建築の最高傑作といわれる城です。村田英雄さんの浪曲風の演歌で、重厚な城構えと景観、歴史を歌いこんで、地元の誇りであり愛唱歌となっています。「花の霞を 翼にだいて・・・はるか見晴らす 白鷺の城」。
誠に残念ながら、村田英雄さんが歌っている映像がありませんので、カバーで歌われている動画をご紹介しましょう。


[PR]
by hyoshikyo | 2017-08-02 09:03 | 事務局便り