療育キャンプ

こんにちは、「ラルフ」のパパです。f0185379_15154524.jpg

少し時間がたってしまいましたが、今年の夏休み(学校の話ですが)に
丹波少年自然の家で、2回の療育キャンプが行われました。
私も両方の開会式に出席させていただきました。

f0185379_15195137.jpg











一つは、今年で45年目というすごい歴史を誇る兵庫県連合心理キャンプです。
兵庫県肢体不自由教育研究協議会という公の機関が主催される療育キャンプは全国的にも珍しいケースのようです。
7月29日~8月1日に実施されました。
1日3回の動作訓練の時間を通して、子どもたちは新しい動作や姿勢を学習し、
トレーナーの先生方は子ども達の思い・心を共有し、身体の動き・姿勢を獲とくを支援する方法等を学びます。
キャンプ中には集団療法の時間もあり、保護者の方も研修の時間があります。

f0185379_15211595.jpg


二つ目は、兵庫リハビリテイション心理研究会が主催する第28回療育キャンプです。
こちらは、兵庫教育大学の冨永良喜教授の総合指導で臨床動作法の研究と実践を目的とした1週間のキャンプです。


f0185379_1525796.jpg

3泊4日でもきついなーと思いますが、1週間はハードですね。
青年グループのYさん親子が参加していました。そして、本協会評議員のⅠさん親子の姿もありました。
「がんばって!」とエールを送りました。

f0185379_15283890.jpg


どちらのキャンプにも本協会は支援をさせていただいています。
今年も素晴しい成果が出たでしょうね。


丹波少年自然の家の玄関前の池にカモがいました。
カモ達は、子ども達が動作訓練を頑張っている時に、のんびりと日向ぼっこ。


f0185379_15325975.jpg

[PR]
by hyoshikyo | 2015-09-04 15:36 | 「ラルフ」のパパです。